メール
電話
DIY賃貸

2022.03.29

DIYでおすすめの工具! ~鋸(のこぎり)編~

DIY初心者におすすめの工具って?

こんにちは。
大阪で賃貸するなら自分で理想を叶えるDIY賃貸!の浅野です。

最近、自分の住む部屋を自分で作るDIYをする人が増えています。
現実、やってみたいけど何から始めればいいのかわからない!
という人も多いのではないでしょうか。

そんなDIY初心者の方に向けて、おすすめのDIY道具を紹介します!

今回は鋸(のこぎり)編!
参考にして、是非DIYに挑戦してみてください!

そもそもDIY用の鋸(のこぎり)とは?

主に木材や金属を切断するための工具で、数多く種類があります。
鋸(のこぎり)基本的な使い方から、用途・シーンに合わせた鋸(のこぎり)を解説していきます。

鋸(のこぎり)種類について

そもそも鋸(のこぎり)には、大きく分けて2種類あります。

木工用鋸(のこぎり)、鉄工用鋸(のこぎり)

そして、それぞれに手引きと電動があります。
DIY用の鋸(のこぎり)としては、木工用鋸(のこぎり)が3種類あれば、
大体の作業をすることが出来ます。

横挽鋸(よこびき)
木目に対して直角に切断する際に使用します。
小刀のような小さい刃で木の繊維を切り進める用の鋸です。

縦挽鋸(たてびき)
木目に対して平行に切断する際に使用します。
ノミのような小さい刃で削り取るように木を切り進める用の鋸です。

両刃鋸(りょうば)
のこ身の両側にそれぞれ横挽きと縦挽きの刃を付けたのこぎです。
効率よく直線で切り進める用の鋸です。

引回鋸(ひきまわし)
円・曲線状のカットや切り抜きの際に使用します。
のこ身が細く短く、手動のジグソーのようなものです!
突廻鋸(つきまわし)と呼ばれる押して切るタイプもあります。

縦横斜挽鋸(万能刃)
横挽き用の刃の一部に縦挽き用の刃があり、縦横どちらの切断も可能です。
合板やコンパネのような木の繊維を交互に貼り合わせている木材の切断にも向いています!

昔の職人さんは、この横挽鋸、縦挽鋸を使い分けたり、
様々な鋸(のこぎり)を使い作業をしていましたが、
現代ではここまで道具をそろえる必要もなく、電動で事足りることが多いです。

結局どの鋸(のこぎり)がおすすめ?

DIY賃貸としては、

材木を切る縦横斜挽鋸(万能刃)、
壁などに穴をあける引回鋸(ひきまわし)があれば十分だと考えています!

そして、下記の商品に含まれているような、
ソーガイド(真っ直ぐ切るための補助道具)があればより良いです!

https://shop.diyfactory.jp/product/z02-0329

鋸選びに困ったら、DIY賃貸までお気軽にご相談ください!