メール
電話
DIY賃貸

2022.12.28

DIYで防音空間が作れちゃう! ~テレワークに向けたDIY編!~

こんにちは。賃貸でもDIY!のDIY賃貸の浅野です。
今回は、コロナ禍の影響で自宅で過ごすことが増えた皆様、特に仕事も在宅勤務やリモートワーク、テレワークとなった方に向けて、賃貸物件でも出来る、防音テレワークスペースのDIY方法をお伝えします。賃貸だからといって、お部屋の困りごと、諦めていませんか?

ここに間仕切り(壁)があれば防音になるのになあ…
日中でも集中できる防音のスペースがほしいなあ…

実は思ったよりも簡単に、部屋を作ることが出来ます。

DIY賃貸、在宅に向けたDIY編、第二段。
まずは防音テレワークスペースのDIY編

防音テレワーク空間のDIYに使う壁材について

一般的なDIY方法としては、
石膏ボードを張り、お好きな壁材でDIYする方法ですが、下記のような壁材を使うと、なんと石膏ボードのDIYが不要で、柱と直接DIYすることで防音機能などのついた壁をDIYすることが出来ます!

防音テレワーク空間DIYの壁材を選ぶポイントについて

①密度
壁の中にどのくらいの質量が詰まっているかを示す数字です。〇kg/? で表されます。
例えば、150kg/?であれば、1?あたりに150㎏分の素材が詰まっているということです。
中身がすかすかになればなるほど、音が響いてしまうので、密度が高い素材の方が、防音DIYには向いています。

②素材

DIY後の仕上がりを意識した時に、ポスターを張る場合や、
後々棚などをDIYする場合は硬い合板がおすすめです。

一派的な住宅に使われている石膏ボードを選んでも良いですし、

ちなみにフレキシブルボードという湾曲性のあるボードがあったり
木毛セメント板という固い重い板などもあります。

木毛セメント版はお洒落でカフェ風なDIYに向いています♪

柱の厚さ以内に収まるように計算して購入されるのがおすすめです。

理想は、両側にボードを張り、間に防音材を詰める方法も、建築現場などでは採用されますが、
DIYとしては、直接ボードを張る方法によるDIYがおすすめです。

・ミラフォームパネル
https://item.rakuten.co.jp/thrive-store/mr-g-hi-95-20/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868&icm_agid=&icm_cid=18507115089&iasid=wem_icbs_&icm_acid=255-776-8501&gclid=CjwKCAiAheacBhB8EiwAItVO29AH4MUa7VhLQNj5RVW1gBsWjzod0cFEGzqAhhtZGhPHkPP-otg-NRoCO9cQAvD_BwE
一般住宅に使われる壁材の石膏ボードにパネルを張っている商品のため、
よくDIYされる方であれば慣れ親しんだ壁です。

・ロックウールパネル
https://www.pialiving.com/c/soundproof_diy_materials/sound_absorbing/rockwool/rockwool_board/20701?gclid=CjwKCAiAheacBhB8EiwAItVO2-_LOuOna1ChXdXw2pDImzI1TF3W3TvrSXGRR6i9UD6PJLLq7XnAPxoCT1sQAvD_BwE
高性能がウリのDIY商品です!一般的な壁材と同等の厚さでも、
かなり高品質なパネルになります。デメリットとしては少し高価なことです。

ちなみにこのDIY壁材や、壁をDIYする方法は、
テレワークスペースのDIYだけでなく、

隣家の生活音が気になる方のDIYにも向いています。
そしてこのDIY方法は、学校の音楽室の壁の構造にも似ています。

そのため、テレワーク空間だけでなく、防音対策DIY全般として活用できます!